ネットオークションと古書買取、どっちがお得?


“古書買取はかつてから様々な地域で行われているものでした。 不要になった本を買い取ってもらうことで現金化ができ、またその現金を使うことで新しい本を購入することができるようになります。 しかし最近では、古書買取以外にも不要なものを売却するという場所は多くあります。 中でも代表的なものとなっているのがネットオークションですが、それでは不要になった本が出たというような場合には、どちらを選んだほうがお得なのでしょうか。 まず取引価格についてですが、基本的に古書買取に出すよりはネットオークションに出すほうが高く買い取ってもらえると考えて良いでしょう。 通常の古書買取では業者が本を買い取って、業者がその本を転売することで利益が出るという形になっています。 しかしオークションの場合は個人が本を買い取って完了と言う形になりますから、中間に業者が挟まることがありません。 利益を取る業者がいないのですから、最初から転売をするのと同等の価格で売却することができるのです。 しかし、ネットオークションが必ずお得になるとは限らないということには注意をしなくてはなりません。 ではどういったところで注意が必要なのかと言うと、「買い手がつかなければ売れることがない」ということです。 古書買取では売却を依頼すればすぐに買い取ってもらうことができますが、オークションに出す場合は落札者が現れるまで待たなくてはなりません。 そのため人気のない本などだと処分できるまでに数日かかることもありますし、全く買い手が見つからないということもあり得ます。 より迅速に処分したい場合には古書買取を選ぶべきとなりますが、それぞれの特徴をよく理解したうえで選ぶようにしましょう。”